どちらのスタイルでかざる?

生花で飾る結婚式用のヘアスタイルは、花嫁のみずみずしい姿をよりいっそう引き立たせる唯一無二の演出効果となるでしょう。ドレスのデザインや会場の雰囲気に合わせて似合うスタイルを見つけていきましょう。まとめ髪なら多彩な表情が演出可能になりますよ。ですが、まとめ髪といってもシニヨンから編み込み、夜会巻きまで様々です。スイートにもシックにも表情を変えられますし、首筋やアゴのラインがすっきりして小顔効果もあるでしょう。

ブーケ風のあしらいでチャーミングに

スイートなまとめ髪にしたいときには、前髪は動きをつけるように段をいかしてサラッと流し、後ろは耳の両サイドから上6cmぐらいを残してシニヨンでまとめましょう。できるだけ頭は小さくまとめるのがポイントです。丸みのあるチューリップを一輪ずつワイヤリングして、色のグラデーションをつけながら一本ずつ重ね合わせ、全体的に丸みのある半円の帽子のような花束をつくりましょう。かわいらしいグリーンはスキミアを使用し、筋に沿って縦にワイヤーを通してくるんと巻き込んでから花の間に埋め込むとちょうどいいアクセントになりますよ。ブーケ風にすることでチャーミングな印象となるでしょう。

高貴な夜会巻きには?

シックにまとめるなら夜会巻きをセレクトしましょう。カーラーでウェーブをつけてからセットし、渦を巻くようにまとめながらトップを高くもっていくと、より気高い印象になりますよ。ガーランドは髪の流れに沿うようにあしらい、最後に深紅のバラを挿し込めばメリハリのある色合いとなるでしょう。シックな秋色アジサイ、繊細な薄い花弁が何層にも重なるラナンキュラス、実のようなビバーナム・ティナスやバーゼリアなどの多彩な顔ぶれをワイヤリングしてからガーランドにします。ブーケにも同じ花を使い、深紅のバラで全体を引きしめましょう。

結婚式場を東京で探しているなら海に浮かぶ貸切一軒家で絶景を眺めながらミシュラン料理を味わえるおすすめの結婚式場があります。