住みたい地域は広く考えよう

一人暮らしを始める際には、目的を明確にしなければ失敗することになります。住みたい憧れの地域に住み始めても、実際には生活しづらいことは珍しくありません。希望の家賃の範囲内で住める地域から広く考えると生活が楽になります。憧れの地域で駅から近くても、全ての物価が高ければ生活は苦しくなりがちです。なぜそこの地域に住みたいのかをもう一度見つめなおしてみることが大切です。それでもなお憧れの地域に住むのであれば、目的を見失わないように気を付けましょう。

不動産屋に急かされたら契約しない

賃貸物件を借りなければ一人暮らしは始められません。不動産屋で物件を複数見て決めることとなりますが、初めて訪れた不動産屋で即日契約を行うことだけは避けると良いでしょう。なぜなら、優良物件が最初から出てくる不動産屋は残念ながら存在しないと言っても良いからです。希望の家賃上限を提示すると、希望家賃の少し上の物件を勧めてきます。不動産屋は仲介手数料とオーナーからの広告料を多く貰えれば、良しとしてしまうケースが多いのです。初回は資料だけもらって複数の不動産屋を比べて信用出来そうな所で内見に進むと良いでしょう。

近隣住民には気を付けよう

一人暮らしで注意することとして、集合住宅の上下左右の部屋の住人についてある程度目星を付けておくと良いです。生活時間帯が極端にズレている人がいる場合、隣接する部屋の住民はすぐに出て行ってしまいます。なぜその部屋が空いていたのか、原因を考えながら物件を見ると分かることがあります。洗濯物の状態を確認するだけでもある程度判断がつくものです。一人暮らし向けの物件では壁が薄い所も多いので、騒音問題に悩まされないよう入居前に自衛しておくと良いでしょう。

数か月の短期出張のためだけに、家具を購入するのは費用の無駄になってしまいます。そこで、家具の家電のレンタルを活用することで、費用の節約が可能です。