借金を作ってしまう?!

単身赴任という事で、家族と離れ離れでし仕事をするため、一人でいる時間の寂しさを払拭したり、ひとりで頑張るモチベーションを保つために、お酒を飲み歩いたり、パチンコなどのギャンブルにハマる場合があります。しかしそういった場合、止めてくれる妻や家族が居ないので、いつの間にか足りない飲み代やギャンブル費用を会社から前借りしてしまったり、周りの人間からお金を借りてしまうということが起こってしまいます。回避するためには、毎日家族への電話をするという習慣をつけると良いでしょう。暇な時間もなくなり、良い意味で監視されているという気持ちにもなり、使いすぎてしまうことが無くなります。

家族との溝ができる?!

家族のために稼いでいるのだからといって、満足してしまっていると、愛情が疎かになってしまいがちです。家族とのコミュニケーションが減っているのにも関わらず、ますます溝が深まる原因となるでしょう。また、妻が1日で家のことを行っている愚痴や悩みを話した時に、「家族のために働いているのだから!」などといったセリフを言ってしまうと、より関係の悪化となってしまいます。自宅のことを一人で心細い中頑張ってくれていてありがとうという労いの言葉をかけてあげると良いでしょう。

病気になってしまう?!

今まで仕事でクタクタになって帰れば、お風呂が用意されていて、食事も用意されていて、洗濯などもしてもらえていた事でしょう。しかし単身赴任になった場合、すべてを自分で行わなければいけなくなります。面倒になり、食事が疎かになってしまったり、生活環境である自宅の掃除が行き渡らなかったりと、健康面での被害が見られてくる原因がどんどん出来てしまいます。また、体の不調に気づいてくれる人もいないため、病気が悪化してしまうということもあるでしょう。自分の体調管理や掃除はできるだけするように心掛けましょう。また、調理を一から行うのが大変な場合は、冷凍食品などを程よく活用し、栄養のある食事をするようにしましょう。

単身赴任の家具は大きな出費になってしまいます。家具を転勤先に送っても、転勤先で購入してもどちらにしても、出費が大きくかかります。単身赴任期間が短ければ、レンタルという方法も手かもしれません。