ロングヘアーのダウンスタイルはNG

結婚⒮紀にお呼ばれした際に、ロングのダウンスタイルにする事はNGとされています。その理由としてはロングスタイルは最もヘアアレンジのしやすい髪型なのに、ただ下ろしているだけのスタイルでは何もセットしていないと思われてもおかしくありません。ロングヘアの場合、アップスタイルにする事が最も基本的なスタイルとなります。また現在ではハーフアップスタイルといったヘアアレンジの方法もありますので、色々とチャレンジしてみましょう。

ドレスコード内で注意しておきたい事

ドレスコード内でどんな髪型にしたらいいかと言った決まりは特にありません。ただし決まりがないといっても、ドレスアップをして華やかな装いになると言った基本的な決まりはあります。服装には力を入れて華やかにしても、髪型に力がはいっていないと、トータル的におかしくなってしまいます。そのため髪型も華やかな装いになるようにしておく事が大切です。服装や靴などに合わせて、髪型も華やかに装って結婚式に合うスタイルで行くようにしましょう。

新婦と被らないようにするのがマナー

結婚式にお呼ばれすると、華やかなスタイルで出席する事となりますが、ここでも意識しておきたい事があります。それは日本独特のマナーとなりますが、花嫁と被ってしまわないようにする事です。花嫁の着る白いドレスと被る、白いドレスは避けるようにしておきましょう。また髪型も新婦さんよりも華やかにならないように気をつけておきましょう。新婦さんの髪型が花や神見える一つのポイントとして、髪飾りがあります。つまり髪飾りを被らないする事も重要になります。

太田での結婚式場の契約方法を把握するにあたり、日ごろからブライダルフェアなどの機会を積極的に活用することが重要です。